日々是好日

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々是好日 08/10/15

<<   作成日時 : 2008/10/15 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

図書館に通いまくりです。


伯爵と妖精の図書館在庫を読み終えましたので、(残りはリクエスト順番待ち)次のシリーズに手をだしました。
さよならピアノソナタ…という。
まあ、実に男性向け萌え系ばりばりですが、タイトルに惹かれて。
惹かれてというか、なんか音楽系のネタは拾っときたいみたいな?
これはシリーズといっても既刊は三冊だけだし、とりあえずもう二冊目入ってるし、最新刊はリクエスト順番待ち状態なので、これもすぐ読み終わる予定です。
これが読み終わったら、ちょっと読んでみたかったけど買う気にはなれなかったマリ見てを。
検索したら30冊くらいあるみたいですねー、わー、さすがにこれは2,3週間はかかるかなー、読み終わるのに。
これが終わったら、少年陰陽師。それから、レンタルマギカ。。。の予定。
全部いったんアニメ化して内容をなんとなく知ってるもんばかりですな。
あ、ピアノソナタは違うけど。
アニメで見た奴でやっぱり最後まで見たような奴だとやっぱり原作が読めるなら読んでみたいかんじで手を出してみようかなと。
ちなみに、上記本が図書館蔵書のなかにあるかどうかはまだ未確認なので、もしかしたら読めないかもですが。


伯爵と妖精の感想は以前さらっと書いたな。
まあ、なんというか古き良き少女マンガな世界ですよ。良くも悪くもな。
とりあえず、現在の段階までで、主人公二人の想いが通じ合った状態にようやく!なったので、これまでのような、空気嫁よJK。なんて感想抱かずにすむのが幸いです。…と、そう願いたい。
自分勝手に飛び出していって、トラブルの元になって、ヒーローが助けに来てくれるって、ほんと、何年前の少女マンガだよ。
しかも何回それ繰り返すよ。と、途中は本当に苛々したなぁ(遠い目)
(あー、でも今後は、こんな秘密持っちゃってばれたら彼女は許してくれないかもしれない。本当のことなんて言えない…と、ヒーローの方が繰り返すのかなぁ)


ピアノソナタの方は、一巻をつい先頃読み終わったところであります。
ピアノソナタの題名の通り、中身に音楽要素満載! しかもクラシック! なわけですが、うーん、音楽要素の物語への組み込み方がこなれてるとは言えない。かな。
知識は相当あると思いますけど(私なんぞよりよっぽど)けど、音楽要素を盛り込んで書こう書こうとしているのが駄々漏れで、音楽物であるという雰囲気作りには失敗してる気がしますねぇ。
すごいいっしょうけんめい書いてるってのは分かるんだけどもさ。
内容自体は、取り柄がなさそうな主人公の男の子一人に、お姉さまに、幼なじみに、ツンデレの3にんの美少女が、彼に好意を抱いて取り巻いてるという、いかにもなあれです。
音楽要素はこなれてないけど、構成は上手いんじゃないかなぁ。
…や、ベースの在処は捜しはじめたとたんにどこにあるか分かりましたけれども(笑)
まあ、オーソドックスな感じです。

とりあえず、時間がないのでこの辺で。
先週だかに録画した音楽映像散歩のイタリア編が途中で録画切れててショックでした。
フランス編はショパンに始まって、リストときて、サティ、プーランクと流れ…。
私ショパンてあんまりフランスな感じしないんだよな。リストも。
フランス!というと、やっぱり、ラヴェルとか、ドビュッシーとか、ショーソン、サラサーテ、サンサーンス。
こっちなんすよね。むしろ近代な感じで。
プーランクはいい選択だと思うけど。
…まあ、サティも?
ショパンが立て続けに来た時はちょっと、えーと思いました。
……や、ショパンがメインで活躍したのはパリだって分かってるんだけどさ。
でもま、ポーランドの印象強いよね、やっぱ。
(ポーランドではほとんど活動してませんがね)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日々是好日 08/10/15 日々是好日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる